« あけまして、おめでとうございます | トップページ | Y150ヒルサイド始動1 »

アーティスト・イン・ミュージアム 2005 ④

今回は、去る2005年に横浜美術館で行なわれた、市民参加型ワークショップと

連動したレジデンス企画「アーティスト・イン・ミュージアム横浜」について、ご紹介

しています。

今回、アトリエ・ソレイユの講師と受講生は、前回ご紹介したアーティストである

ロイ・スターブさんのチームに合流し、彼の作品制作アシスタント・スタッフとして、

ボランティア参加しました。

ロイさんは、約1カ月の間横浜市内に滞在され、横浜美術館の他、よこはま里山

研究所の協力により 「横浜自然観察の森」 にて、作品制作・発表をされました。

自然観察の森は、里山の自然を体感できるとても美しい里山です。 施設内には、

季折々の木々や花、小川や遊歩道があり、 野鳥観察、炭焼き小屋、あずまやなど

の施設もあります。

Photo

今回私達は、ロイさんと一緒にこの森に通いながら、ロイさんが、3つの大きな屋外

設置作品を制作する作業工程をお手伝い しました。

Photo_2

初秋の里山では、すでに木々が枯れ始めてはいましたが、その調達作業は

なかなか大変なもの。 しかし、ロイさん自ら藪に分け入り、 作品に使う笹竹

を選びます。(画像上)

Photo_3*

*

*

*

*

*

*

この笹竹は、里山にふんだんにありましたが、作品を制作するとなると、

その量は膨大なもの。伐採と運搬作業だけでも大変なものです。

市民ボランティアの皆さんも協力し、約1000本近い笹竹が集められました。

※ 次回は実際の制作の模様をご紹介します。

※ なお、今回の連載記事に関しては、アトリエ・ソレイユお教室HP

  でも紹介しています。ご興味のある方は、そちらも御覧下さい。

|

« あけまして、おめでとうございます | トップページ | Y150ヒルサイド始動1 »

A アーティスト・イン・ミュージアム 横浜*********2005年」カテゴリの記事