« 本日は… | トップページ | 本日は元町で… »

アーティスト・イン・ミュージアム2005 ①

アーティスト・インミュージアム 横浜 2005

「自然に回帰するアートって? 回転するアートって?」

横浜美術館の 「アーティスト・イン・ミュージアム」 という活動を知っていますか?

アーティストを横浜美術館に招聘し、横浜という土地で作品を制作し、発表を行う、

という、いわゆるレジデンス活動の性格を持つ、美術館活動の試みです。

現在は2007年の最新企画が進行中ですが、アトリエ・ソレイユが参加させて

頂いた2005年の企画はこの 「アーティスト・イン・ミュージアム」 活動の、

第1回目のものでした。

日本からは、「回転回」 というプロジェクトで世界中を飛び回っている、現代アート

の旗手である屋代敏博(やしろ としひろ)さん。

アメリカからは、森や里山で 「そこにある自然のもの」 を素材として作品を作る、

アーティストのロイ・スターブさん。

以上2名が、約1カ月の間、横浜美術館に招聘されました。

プログラムはこの2人それぞれのアーティストを筆頭に、チームに別れ、同時

進行で行なわれました。

この度、私達が参加したのは 「ロイ・スターブ」 さんのチームです

里山での作品製作のアシスタントや、通訳など、様々なお手伝いをさせて

頂きました。

次回より、プロジェクトの模様など、少しづつご紹介したいと思っています。

※ なお、今回の連載記事に関しては、アトリエ・ソレイユお教室HPでも紹介しています。

   ご興味のある方は、そちらも御覧下さい。

※ 以下は、フライヤー画像です

Img145_1_2

|

« 本日は… | トップページ | 本日は元町で… »

A アーティスト・イン・ミュージアム 横浜*********2005年」カテゴリの記事