« ヨコハマを編む ④ | トップページ | 永らくお休みしました・・・ »

ヨコハマを編む ⑤

前回に引き続き、ワークショップの模様をご紹介していきます

※ なお、このカテゴリーの記事は今回が最終回です。

   右サイドバーのカテゴリー「市民のアトリエ ヨコハマを編む99」をクリックすると

   記事全てを通してお読みになれます。

11 抜けるような青空を背景に、巨大な魚網が

支持体になって、そこに在る風景も併せて、

全てが作品になりました。

112 石の廊下に横たわっていただけの人型は、

風を受けて、生き生きと見えます。

自分の作った作品の素晴らしい迫力に、

みんな歓声を上げ、夏の風に吹かれ

ながら、しばし、眺め入りました。

06 出来上がった作品は、施設内ギャラリーと

美術館の外回廊に沿って、展示されました。

これはギャラリーの壁面に展示されたもの。

素材は着彩したダンボールなのですが、

そうは見えないほどの重厚感がありました。

05そして、最後に、これは作品とは別に作った

タイトル・フラッグです。

「ヨコハマ Crossing Paths/

 Margo + Jhon」と書かれています。

Crossing Pathsというのは、道と道とが交わる「辻」、とか、今回使ったネットの「結び目」

という意味があるのですが、そこから派生して、今回のワークショップで

集った人たちの、それぞれの人生の交差、と言う様な意味も込められて

います。

皆が家からそれぞれに、布・ビニール・針金・ストロー・麻紐等々・・・

様々な素材を持ち寄り、一文字一文字作っていきました。

ここでは私の様なボランティア・スタッフも、実際に制作に参加しました。 

取材作業の為、傍観していた方たちと一緒に、あれやこれやとアイデアを

出し合い。 とても、楽しかったです。

ワークショップ =体験型講座 という考え方は、もともとアメリカからきた

発想ですが、今回の様にアートがベースとなる発想は、99年当時、まだ

今ほどポピュラーとは言えない状況でした。

しかし現在でも、その考え方は、特に自発的に興味を持っている、ごく

一部の方には認知されていますが、広く一般的に受け容れられているか、

というと、まだまだ難しい状況の様です。

今回は、実作業の画像を中心に、とても簡単なレポートとして、紹介させて

頂きましたが、この様なワークショップには、実作業の裏方として関わった

スタッフの様々な努力が欠かせないのも事実です。

この様な取り組みは、現在は美術館を中心に様々に企画されています。

HPなどでも紹介されているので、是非お近くの美術館サイトなどを

御覧になってみると、面白い企画を探す事が出来ると思います。

見る、見せる、制作する、評価する、売る、買う・・・などという関わり方

の他に、この様な方法で、アートに関わってみるのも、とても興味深い

事だと思います。

アートに関わる事は、すなわち、人に関わる事だとも思っています。

言い換えると、アートは、あなたが別の人と関わる為の、ひとつの

手段・言葉にもなる得る、と思うのです。

|

« ヨコハマを編む ④ | トップページ | 永らくお休みしました・・・ »

B ヨコハマを編む’99****横浜美術館市民のアトリエ」カテゴリの記事