« 生涯学習について | トップページ | 生涯学習アドバイザー »

ヨコハマを編む ③

前回に引き続き、ワークショップの様子をご紹介していきます

021④さあここからは、試行錯誤あるのみです。

 皆、それぞれに持ち寄った素材で、人型

 を編みこんでいきます。

 その発想は、驚くほど様々!

101_1⑤ 左:CDを沢山使ってメタリックな未来人

  を作り上げた、通称ディスク・マン!

081_1 ⑥そして、これは バスケタリー作家の

  お二人で、自宅に届いた世界中の

  郵便物の宛名と切手を、リボン状に

  畳んで編みこんだ物。 

  横浜が貿易港でもあることを、下敷き

  にして発想した、まさに作家ならでわ

  のコンセプトですね。

071 ⑦そしてこれは、木片に原色の色付け

  をし、穴を開けて梱包用ロープを通し、

  編んだもの。 若い女性の発想らしく

  綺麗な色使いでしたが、紐の形が

  クモの巣の様だとか、銃弾で割れた

窓ガラスの様だとか、周りの感想は色々と飛び出し、思いがけず、想像力を

掻き立てられる結果となりました。

(次回に続く・・・)

|

« 生涯学習について | トップページ | 生涯学習アドバイザー »

B ヨコハマを編む’99****横浜美術館市民のアトリエ」カテゴリの記事